税理士で経営コンサルタントはどんな役に立つのか?

MENU

税理+経営コンサルタントの実力とは?

世間には2つのプロ領域を担当できる人がいます。

 

医者で弁護士
弁護士で弁理士
公認会計士で弁護士

 

両方の知見があるからこそ、2倍ではなく3倍以上に顧客のためになることはわかりますね。

 

さて、このような中で「税理士で経営コンサルタント」という人がいるのです。
税理士はどちらかと言えば「守る」方です。
経営コンサルタントはイメージとしては「攻める」方です。

 

攻めと守りが両方できる仕事の実力とはいかに?

税理士と経営コンサルタントの両方ができる会社について

経営コンサルタントの役目は、会社の経営陣のアドバイザー役として、時には憎まれ役に
なるような時もあります。

 

最近では企業の立て直しや、事業転換の助言、岐路に立った時の判断アドバイスなど
多岐にわたる役目があります。

 

テレビにもよく登場する経営コンサルタントは「専門家」というより、おおよそ大体のことについては
答えられる「ジェネラリスト」と言った方があうかもしれません。

 

税理士の役目は、もちろん経営活動で生じた所得をしっかりと把握し、税の専門家として
申告することになります。もちろん適法な節税対策や、キャッシュフローの助言などができる
税理士も非常に多くいます。

 

この2つの機能を違う角度で見ると「静」と「動」です。
つまり、いざ動く瞬間までしっかり数字を押さえ、チャンスになったら一気に動く、
この両方をサポートできるスペシャリストなのです。

 

そのような税理士兼経営コンサルタント会社があることをご存知ですか?

更新履歴